FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FXの口座開設に『マイナンバー制度』が必要な理由


2016年1月から、ついに運用が開始された『マイナンバー制度』みなさんは、こちらの制度について、どの程度ご存知でしょうか?

私は正直なところ、マイナンバー制度のことを最近まであまり意識していませんでした。勤め人でもないし、私のような主婦には、全く関係ない話って気がしていたんですよね。

でも、FX会社のホームページでFXトレーダーもマイナンバー制度の影響を受けると知り、あわてて制度のことを調べました。

ここでは、私が調べたマイナンバー制度のしくみと、具体的なFXへの影響についてお話したいと思います。

マイナンバー制度ってどんなもの?

マイナンバーとは、2015年から番号の通知がはじまり、2016年1月より運用が開始された『日本国内の住民票を持つ人すべてに割り当てられる個人番号』のことです。

12桁のマイナンバーは、基本的に固定となり、一生変更されることはありません。

ずっと変わらない番号という特性上、不正利用や情報漏えいが問題視されていますが、正直なところ、まだ運用がはじまったばかりなので何とも言えませんよね。

マイナンバー制度って、そもそも何のために作られたのか?政府のマイナンバー広報ページによると、下記のような3つのメリットがあるそうです。

01. 行政の効率化

行政や地方公共団体などで情報紹介する時に、入力や転記の作業が大幅短縮される。
複数の業務を連携させることで、作業の重複が起こらなくなる。

02. 国民の利便性の向上

行政手続きの際に、添付書類が必要なくなることで国民の負担が軽減される。
行政機関にある自分の情報を確認できる。行政機関からのお知らせを確実に受け取れる。

03. 公平・公正な社会の実現

所得や他の行政サービスの需給状況などの把握が進み、税の負担を不当にまぬがれようとする行為や、不正に給付を受ける行為を防止できる。それによって、本当に困っている人に、きめ細やかで公正な支援を実現することができる。

つまり、マイナンバーを色々な機関で共有することで各機関での作業の効率化をはかり、脱税や不正受給などの犯罪を防止しようということですね。

マイナンバーですべての情報を管理するために、2016年度から会社員やアルバイトの方は、個人番号を会社に届け出る必要があります。また、行政手続きをする際にも、これからはマイナンバーを告知しなければなりません。

マイナンバーカードは通知カードとは違う!

マイナンバーカードと通知カードは違うって、みなさんご存知ですか?

そんなの知ってるよ!という方にはスミマセン……、実は私、つい最近までマイナンバーカードを通知カードのことだと思っていました。

私の友人たちも似たもの同士の集まりのせいか、同じものだと思っている人が多かったので、ここで簡単に解説しておこうと思います。

マイナンバーカードは、自治体に写真を添えて申請することで、公的な身分証明書として使えるカードです。

告知カードと一緒に申込書が入っていましたよね?それに、必要事項を記入し、写真を添付して申込むと、マイナンバーカードを発行してもらうことができます。

スマホやiphoneをお持ちなら、直接申請ページからの申込みも可能です。私は今回、iphoneから、マイナンバーカードの申込みをしてみました。

通知カードに付いていたQRコードから入ることで、必要事項のいくつかは自動で埋まっていましたし、残りを記入した後は、背景が白い場所で撮った写真を添付して送信するだけなので、とても簡単に申請できましたよ。

マイナンバー制度が順調に進行すれば、マイナンバーカードを使いコンビニで住民票の請求ができるようになるようです。まだの方は、ぜひ早めの申請をおすすめします。

マイナンバーFXへの影響は?

前置きにも書いた通り、FXも例外なく、マイナンバー制度の影響を受けます。つまり、これからFXトレードをはじめるなら、FX会社に自分のマイナンバーを告知する必要があると言うことになります。

FXがなぜマイナンバーの影響を受けるのかと言うと、FXで得た利益に『税』がかかるためです。マイナンバーに関するFX会社の告知文にも『税務署に提出する各種支払い調書に利用するため』としっかり書かれています。

実は、FX取引きでの脱税問題は、たびたび話題になっているんですよね。でも、これからは、マイナンバーで管理されるので、そういう悪だくみする人も減ってくることでしょう。

※FXの税金に関する詳しい話は、下記リンクをお読みください。
FXの確定申告 主婦なら気になる疑問について

これから、FX口座を新たに開設する場合には、申込みの時点でマイナンバーを告知する必要があります。手続きの前に、自分のマイナンバーがわかるようにしておきましょう。

すでに、FX口座を持っている場合には、定められた期日までにマイナンバーを告知しないと、その後の取引きが出来なくなる可能性があります。

FX会社に、マイナンバーをいつまでに告知するかは、各FX会社によって詳細が異なるので、各会社のホームページをご参照くださいね。

 - FXの口座開設