FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FX口座開設のおすすめ!初心者は使いやすさ重視


以前に比れば、どこの会社のシステムも使いやすく親切になりましたが、初心者からすると、まだまだわかりにくい部分が多いものです。

特に、初心者の場合、最初に使ったFX会社が悪いと『FXって難しい』『利益をあげられない』という苦手意識が発生してしまうため、はじめのFX口座選びが重要になります。

初心者がFX口座を作る時のポイントは3つです。

  • 01.システムの使いやすさとわかりやすさ
  • 02.お得に利用できるか
  • 03.安心してお金を預けられる会社かどうか

ここでは、各項目ごとに、初心者主婦トレーダー向けFX口座の選び方を、ポイントをふまえながら、ご紹介していきたいと思います。

取引きツールが使いやすいFX口座

初心者がツールを使う場合、チャート画面がシンプルで見やすく、直感的な決済のしやすいところがおすすめです。

チャートがシンプルで使いやすいFX口座は、私が利用しているところだと、DMMFXや外為ジャパンあたりだと思います。どちらも画面がスッキリ見やすく、初心者でもとっつきやすいチャートシステムです。

アプリを入れることで、スマホからの取引きもできますよ。もちろん、上級者も利用OKです。私もずっと重宝して使っています。

※チャートの画面や使用感など、詳しくは、こちらの体験談をご覧くださいね。
DMMFXのツール『DMMFX PLUS』を初心者にもわかりやすく解説!
外為ジャパンのツールを実際に使ってみました!

宣伝広告などを見ていると、カスタマイズ可能で機能の多いところに目がいきますが、初心者にはかえって邪魔なだけです。たとえ、チャートに色々な機能がついていたとしても、内容がわからないうちは使いこなせませんからね。

自分にとってベストのFX口座を探すのは、FXトレードになれてからにしましょう。

取引き手数料とスプレッドを比較する

スワップ金利目的の方は、あまり気にしなくても良いですが、デイトレード主体で取引きをする予定なら、手数料とスプレッドが少しでも有利なFX口座を選びましょう。

手数料は、1回の取引きごとにかかるもので最近は無料のところが多いです。ただし、一部のFX口座では、取引き通貨ごとに手数料がかかる場合があるので注意しましょう。

スプレッドは、売値と買値の差額のことです。

FXは、買ってすぐに売った(売ってすぐに買い戻した)場合でも、スプレッドの差額分損をしてしまいます。そのため、このスプレッドが、少なければ少ないほど有利です。

現在、通常スプレッド0.3銭が業界最低水準と言われています。

<スプレッド米ドル/円0.3銭原則固定のFX会社(2016年12月現在)>
DMMFX、為替ジャパン、GMOクリック証券、ライオンFX(ヒロセ通商)、マネーパートナーズ、為替どっとこむ、FXブロードネット

最近では、スプレッドが低く設定されているところが増えてきているものの、まだまだ0.5~1.0銭設定のFX会社がたくさんあります。初心者のうちは、負けを最小限におさえるためにも、スプレッドの狭いFX口座を使いましょう。

小額取引きが可能なFX口座

昔は、最低1万通貨からしか取引きができず、FXでも一定額の軍資金が必要でしたが、最近では1000通貨から取引き可能なFX会社が増え、数千円~数万円からの小額投資ができるようになりました。

スタート時の資本金が少ない方は、1000通貨単位から取引きできるFX会社を選びましょう。

<1000通貨単位から取引き可能なFX会社(2016年1月現在)>
為替ジャパン、ライオンFX(ヒロセ通商)、みんなのFX、FXブロードネット、JFX、FXプライム、為替どっとコム、フォレックスドットコム、アヴァトレード、マネースクエアジャパン

ちなみに、アメリカドル/円が1ドル110円の場合、
10,000通貨 110×10,000=110万(レバレッジ最大25倍時44,000円)
1,000通貨 110×1,000=11万(レバレッジ最大25倍時4,400円)
となり、1,000通貨単位ならば、最低4,400円からの取引きが可能です。

小額投資目的の方はもちろん、いづれ1万通貨単位で取引きする予定の人も、最初は、1000通貨で慣れておくと安心ですよ。

安定感のあるFX口座とは?

初心者に限らず、安心してお金を預けられるFX口座を選びは、とても重要なことです。
FX会社の安心度を測る指標には、自己資本規制比率というものがあり、この数字が200%を超えている会社が安全性の高いFX口座だと言われています。

※自己資本規制比率や破産リスクに関わる詳しい話は、下記リンクをご覧くださいね。
FX会社が倒産したらお金はどうなる?

<各FX会社の自己資本規制比率>
○400%超え○
DMMFX、為替ジャパン、為替オンライン、マネーパートナーズ、FXブロードネット、JFX、FXプライム、為替どっとコム、インヴァスト証券、フォレクスドットコム、アヴァトレード、マネースクエアジャパン
○200~400%○
GMOクリック証券、ライオンFX、岡三オンライン証券、FXトレードフィナンシャル

こちらの自己資本規制比率は、時と共に変動していくので口座開設後もなるべく数値をチェックしておくことをおすすめします。

こうやって、項目ごとに並べてみると、初心者におすすめのFX会社って意外にたくさんありましたね。個人的には、はじめから一カ所に絞るよりも、いくつかFX口座を作って使い比べてみたほうが自分の好みに合うところが見つかりやすいと思います。

最後に、どうしても悩んで決められないなら、お得さを重視してはいかがでしょうか?

※お得なキャンペーン口座開設については、こちらの記事を読んでみてくださいね。
よりお得にFX口座を開設するならキャンペーンを狙おう

 - FXの口座開設