FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FXは主婦におすすめ

レバレッジとはFX初心者の主婦がお小遣いからはじめるのにぴったり!


FXの説明をしていると、色々な項目で頻繁に登場する『レバレッジ』

『主婦のお小遣いからコツコツ』がコンセプトのこのサイトにおいては、特にこのレバレッジの使い方が重要なポイントとなります。

そもそも、このレバレッジという魔法のようなしくみがなければ、小額資金でのFX取引きで利益を積み重ねていくことは難しく、主婦やサラリーマン層に、ここまでFXが支持されることはなかったでしょう。

ここでは、そのレバレッジのしくみやメリット・デメリットについて、なるべくわかりやすく、順番に解説していきたいと思います。

レバレッジってどんな仕組み?

レバレッジとは、日本語で『てこ』という意味です。

FXでいうレバレッジとは、取引きを行うFX業者に預けた証拠金(保証金)に、数倍から数十倍の倍率をかけて行う取引きのことを言います。

以前は、なんと100倍の高倍率レバレッジまでありましたが、2010年のレバレッジ規制によって、現在国内では最大25倍までとなりました。

言葉で倍率がかけられると言っても、なかなかピンとこないですよね。

例えば、証拠金100万円の場合

  • レバレッジ5倍/500万円
  • レバレッジ10倍/1000万円
  • レバレッジ25倍/2500万円

このように預けている金額以上の取引きが可能になります。これは言いかえると、同じ証拠金でもかけたレバレッジによって、利益が5倍、10倍、25倍と増えていくわけです。

もちろん、損益も同じようにレバレッジがかかるのでリスクも大きくなりますが、小さい資金から大きな利益を生めるチャンスがあるという部分は見逃せません。

株の場合には、現在一部の信用取引にしかレバレッジをかけることができず、その倍率も最大3倍までとなっています。

そう考えると、レバレッジ最大25倍のFXには夢があると思いませんか?

みなさんもレバレッジを上手に使って、お小遣いをコツコツ増やしていきましょう。

FXのレバレッジが高倍率な理由

どうして、FXではそんなに高倍率をかけられるのか?その答えは、FXの決済方法にあります。

FXは、取引きの際にその全額を取引きする通常売買のシステムではなく、トレードで生じた差額分のみを決済する差額決済方式です。

これはどういうことかと言うと、1ドル100円の時に、1万ドル100万円分購入し、1ドル110円になってから、1万ドルを売ったとします。

この時、動くお金は差額の10万円のみであり、100万円部分は全く移動しません。

このように、差益部分だけを取引きするシステムのため、FXではレバレッジによる小額投資が可能となるわけです。

レバレッジのリスク

レバレッジを高倍率かけることにより、発生するリスクもあります。

前述しましたが、利益が数倍になるということは、当然損益も数倍になり、為替レートの大きな変動があると、レバレッジのかけ方によっては、証拠金不足に陥り、強制決済(ロスカット)となるケースもあるでしょう。

※強制決済(ロスカット)については、下記記事を参照してくださいね。
FX界のイエローカード!マージンコールとロスカットって何?

ちなみに、私は強制決済された経験が何度もあります。むしろ、強制決済はある程度あるものだと思っているのであまり気にしていません。

レバレッジをかけると危険なの?

高いレバレッジをかけるのは危険だ!という記事が多いですが、先ほども書いた通り、私は必ずしも高いレバレッジが危険なものだとは思っていません。

長期でポジションを持つことが前提であるスワップ目的の投資は別として、数分から長くても数時間で決済するデイトレードにおいては、ある程度の高いレバレッジをかけて、強気に勝負していくほうが良いと考えています。

どうして私がそう考えるのかというと、常に余剰資金で取引きしているからです。

以前の記事でも書きましたが、FX取引きは失くしても良いお金を使うことにしており、強制決済のラインを全体資金の4分の1までに押さえてトレードしています。

どういうことか10万円を証拠金として預けている状況を例に考えてみましょう。

実際にもっている10万円にレバレッジをかけずに取引きした場合、10万円がFX業者に証拠金として拘束されることになり、何も自分で設定していない場合、証拠金の50%以上の損失が出た時点でマージンコールが鳴ります。

そのまま下がり続けると強制決済が発動し、50%以上つまり5万円以上の差損です。

ただし、そこまで為替レートが大暴落することは滅多にないので、レバレッジをかけなければ、長期でその状態を保持できる状況だと言えるでしょう。

しかし、余剰金がないため、どこかで決済しない限り、他取引きをすることができません。

では、2万円にレバレッジ5倍をかけて10万円で取引きしたとしましょう。

この場合には、2万円が証拠金としてFX業者に拘束されている状態です。何も設定していない場合、証拠金の50%以上の損失が出た場合にマージンコールが鳴り、2万円の50%は1万円なので、レバレッジなしよりも早い段階で強制決済となります。

レバレッジをかけていない場合と違い、強制決済のリスクが非常に高くなるのですが、拘束されている部分は2万円しかないため、決済しなくとも他取引きが可能です。

強制決済になる前に、自分の意思で決済した場合はどうでしょうか?

どちらも10万円を使った取引きなので、同じ差益または差損が出ることになります。つまり、どちらも同じだけ稼げるし、損をする可能性があるということです。

まとめると、レバレッジがない場合には、拘束されている証拠金部分が大きくなりますが、損益が証拠金を割ることが少なく、強制決済になりにくいというメリットがあります。

それに対して、レバレッジをかけると証拠金部分が少なく、強制決済が起こりやすくなる半面、拘束されている部分が少ないため、残っている預託金の範囲で他取引きを並行して行うことが可能となるわけです。

頭がこんがらがりましたか?この辺りは、実際にFXをやっているとすぐにわかってくるところなのですが、言葉で説明しようとすると意外と難しいですね…。ざっくりまとめるとこんな感じです。参考にしてくださいね。

レバレッジあり レバレッジなし
強制的に取引終了になる可能性が高いが、他の取引き用の資金が残る。 強制的に取引終了になる可能性が低いが、他取引き用の資金が少ない。

『FXは主婦におすすめ』の記事一覧

 - FXは主婦におすすめ