FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FXのやり方

FXの注文方法【成行注文・指値注文・逆指値注文・IFD注文・OCO注文】


FXトレードは、買いから入ったら売り、売りから入ったら買い戻す、という反対行動が1セットとなって、取引きが成立する投資です。

そのため、買ったまま、売ったままの状態は、取引き継続中であるとみなし、FX業界ではその状態を『ポジションを持っている』と表現します。買いから入れば『買いポジション』、売りから入れば『売りポジション』です。

FXでは、このポジションを持つ際と、決済する(利益または損失の確定)際の注文方法に色々な種類があります。最初は、覚えるのが面倒で、基本的な注文方法しか使わないかもしれません。

でも、たくさんの注文方法を使いこなせるようになると、リスク管理や利益確定のコントロールがとても楽になります。多くの注文方法を覚えれば、ずっとパソコンにかじりついている必要がなくなり、家事の合間にトレードなんてことも可能です。

ここでは、ぜひみなさんに知っていて欲しいFXの注文方法を、理解しやすい順に解説していこうと思います。

成行注文

成行注文は、その時に表示されている為替レートで購入する時に使う注文方法です。

成行注文は、「マーケット注文」「プライスオーダー」「クイックトレード」「リアルタイムトレード」という呼び方で説明されることもあります。

為替レートの動きを観察しながら、すぐに注文することができるため、他注文方法に比べ売買が成立しやすく、より直感的な取引きが可能です。

実際のインターネット取引き画面では、売値と買値が並んで2つ表示されています。成行注文は、為替レートの指定を行わず、そのまま片方をクリックすれば注文確定です。

ただし、成行注文の場合、為替レートの指定を行わずに注文するため、注文時点での価格は確定価格ではありません。

そのため、約定価格が注文時の価格から、予想と逆に動いているケースもあります。

急激な相場変化などにより、約定価格が気にいらなかった場合は、値段を再表示させて再注文すると良いでしょう。

指値注文

指値注文は、買いたい為替レート、売りたい為替レートを決めてから、注文する方法です。FXサイトによっては『リミット注文』と呼ばれることもあります。

為替レートは、常に動いているものですから、自分が見ている時の価格が自分の取引きしたいレートになっているとは限りません。そこで利用されるのがこの指値注文です。

今よりも高い価格で売りたい場合や、今よりも低い価格で買いたい場合、あらかじめこの指値注文を入れておくと、その価格になった時点で自動売買が行われます。

パソコンの前にずっといる必要がないので、忙しくて時間のない人やトレードの時間があまりないとれない人は、この指値注文を利用すると良いでしょう。

逆指値注文

逆指値注文は、現在の価格よりもレートが上がったら買い、レートが下がったら売る、という指値注文と逆の注文を入れる方法です。

主に、損切りや利益確定に利用されるため、『ストップオーダー』『ストップ注文』とも呼ばれます。

あらかじめここまで下がったら決済をするという損切りラインを逆指値注文で決めておくことで、大きな損をするリスクが減りますし、思った方向へ動いて利益が出ている場合も、下がり始めた時に最低欲しい利益ラインに逆指値注文を入れておけば、一定の利益を確保することができます。

為替レートが予想と逆に動きだすと混乱して損切りラインがわからなくなるタイプの人や下がり始めてもなかなか利益確定が出来ない優柔不断タイプにおすすめです。

IFD(イフダン)注文

IFD(イフダン)注文は、二つの注文をあらかじめ出しておき、1つめに設定した注文が約定すると、2つめに設定した注文が自動発動するという注文方法です。

ひとつめの注文が買いなら、ふたつめの注文は売り、といった感じに反対売買の注文を設定します。

IFD注文は、指値と逆指値のどちらでも出せますが、ひとつ目の注文が約定するまで、ふたつめの注文が発動することはありません。

また、IFD注文は、ひとつの注文に対し、決済方法もひとつしか選択できないため、予想と逆に動くいた場合の決済は手動で行う必要があります。

たとえば、利益確定のためにIFD注文を入れた場合は、損切りを手動で行い、損切りのためにIFD注文を入れた場合は、利益確定を手動で行わなければなりません。

私は、リスク回避のために損切りラインにIFD注文を入れ、利益確定を手動で行うようにしていますが、この辺りは個人の好みなので、自分の使いやすいやり方にしてくださいね。

OCO(オーシーオー)注文

OCO(オーシーオー)注文は、同時にふたつの注文を入れて、片方が約定するともう片方が自動でキャンセルになるという注文方法です。

たとえば、アメリカドル/円を120円で買い、ひとつ目は、121円で売り(利益確定)、ふたつ目は、119円で売り(損切り)というふうに、一定の利益を確保するための注文と、損失を限定するための注文を同時に出すことができます。

また、120円でアメリカドルを買い、122円になった時に、OCO注文を123円で売りと121円で売りのふたつを出すと、どちらも利益確定となり、含み益を減らさず安全に利益圏内で決済することが可能です。

OCO注文を使いこなせるようになると、ちょっとした用事での離席も安心して出来るようになりますよ。

 - FXのやり方