FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FXのリスク

FXのリスクとは?怖いイメージをもってる方は必見!


FXのしくみが、為替レートの変動を利用した外貨取引きであることは説明しましたが、相場とか為替レートと聞くと、大きなリスクがあるのではないかと考えてしまいますよね。

特に、私のような一家のお金を預かる主婦や軍資金のあまりない人にとっては、利益と同じぐらいリスクの大きさが気になるところです。

ここでは、FXという投資のリスクについて解説していこうと思います。

FXにリスクはある?

FXにリスクはあるのか?と聞かれたら、答えはやはりイエスです。

でも、世間で言われているような『FXはハイリスク取引きなのかというと、そこはケースバイケース』だと思います。

私もFXを自分で始めてみるまでは、FXってこわい、一日で全財産なくなってしまうかも?とか、ネガティブなイメージばかり持っていました。

確かにFXには、レバレッジという魔法がかけられるため、使い方を間違えるとハイリスクになりますし、普段から細かくリスク管理していても負けてしまうこともあります。

それでも、主婦トレーダーとして、そこそこの経験を積んだ私から言わせれば、株などの他の投資に比べ、FXは堅実な投資方法です。

※レバレッジの詳細や株式投資との比較については、下記先記事参照。
レバレッジとはFX初心者の主婦がお小遣いからはじめるのにぴったり!
株とFXの違いは?投資の疑問をわかりやすく解説

ここでは、リスクの大小はひとまず置いて、それぞれどのような種類のリスクなのか、ひとつずつ簡単に解説していきましょう。

為替変動リスク

為替レートは世の中の動きに合わせて常に変動しており、その変動の方向によっては損をする『為替変動リスク』があります。

為替には値幅制限が設けられていないため、激しく上がったり下がったりを繰り返す場合がありますし、どこまで値が下がる、上がる等の上限下限値設定の底がありません。

そのため、これ以上はもう下がらないだろうと様子を見ていたら、翌日にはもっと下がってしまった、なんてことも当然起こりますし、その逆でもう上がらないだろうと決済したら、さらに上がっていたなんてこともあります。

この上がり下がりこそが、FXの醍醐味でもあり、FXのこわさでもあります。為替変動リスクは、為替利益にもつながる非常に大事なファクターだと言えるでしょう。

金利変動リスク

為替レートが動く原因のひとつとして、外貨金利という要素があります。外貨金利とは、各々の通貨に設定されている個々の金利のことです。

FXトレードをする際にも、取引き通貨ごとに外貨金利が発生しており、その利率は各国の経済状況や金融政策などの影響を受けて、上下する場合もあります。

※私も外貨金利差を利用したスワップ目的での長期FX取引きをしているのですが、スワップ金利についての詳細は長くなるので、下記リンクをご覧くださいね。
FXのやり方『スワップ金利編』ほったらかしでも儲かる!?

この外貨金利が大きく変動することで、受け取れる予定の金利の割合が減少したり、金利の差がマイナスに転じてしまい、逆に金利を払わなければならなくなるリスクを、『金利変動リスク』と呼びます。

デイトレード中心の方には、それほど大きな影響はありませんが、長期でコツコツFXをやりたい方には、金利変動が一番気になるリスクだと言えるでしょう。

流動性リスク

FXはいつでも売り買いができる、大抵のみなさんがそう思われていますが、実は厳密に言うと、通貨によっては売り買いが出来ない状況になる場合があります。

私たちがFXにおいて外貨を売ったり買ったりできるのは、常に売りたい人、買いたい人の両方が存在しており、流動性が豊富だからです。

円やドル、ユーロなどのメジャー通貨においては、まず起こりません。

ですが、市場の小さいマイナー通貨の場合、稀に、売りまたは買いに偏った注文が集中し、望んだタイミングで決済ができないという状況に陥る『流動性リスク』があります。

好きなタイミングで決済ができないというのは、FXトレードにおいては致命傷です。FX取引きの大前提として、流動性の高いメジャー通貨での取引きを選択しましょう。

信用リスク

FXにおける信用リスクとは、利用中のFX会社が破産してしまい、自分が口座に預けていたお金が一部または全額かえってこなくなるリスクのことです。

現在、登録制がとられているFX会社での顧客資産の保全方法は、自社の資産とわけて保管すると言う点しか義務付けられておらず、倒産時の信託保全に関しては、各FX会社ごとに詳細が異なっています。

※FX会社の倒産について知りたい方は下記記事参照。
FX会社が倒産したらお金はどうなる?

通信障害やパソコンの故障によるリスク

インターネット環境に頼り、オンライン取引きがメインであるFXでは、パソコンの故障やウイルス感染、インターネット回線の不具合が、取引き機会の損失を呼び、リスクとなってしまいます。

パソコンでのFX取引きをメインに考えているとしても、パソコンや自宅のインターネット回線に障害が起こった場合を想定し、スマホや携帯から取引き画面にアクセスできるようにしておくと良いでしょう。

『FXのリスク』の記事一覧

 - FXのリスク