FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FXとは

株とFXの違いは?投資の疑問をわかりやすく解説


私は、FXをはじめるまで、個人における投資方法というと、株式投資や投資信託、不動産あたりが真っ先に浮かび、外貨関係にうとかった私はFXのことは、正直ほとんど知りませんでした。

そんな私が投資のことをいろいろ調べて、最終的にFXを選んだ理由は、やはり主婦にとって有利な投資だったという点につきますね。

FXが他の投資方法と比べて、どのような点が優れているのか、メリット・デメリット交えながら、わかりやすく比較解説していきたいと思います。

FXは小資金から取引きができる

FX投資の最大の魅力は、他投資方法と比べて小資金から投資ができる点だと思います。これには、レバレッジが関係してきます。

このレバレッジとは、簡単に説明すると、資本金(預託金)に倍率をかけて、大きな取引きができるしくみのことです。

現物取引である株式投資には、基本的にこのレバレッジがないため、1株30万円の株式を購入するためには、そのまま30万円が必要となります。

これに対し、FXにおいては、なんと最大25倍のレバレッジをかけることが可能です。

図で解説すると下記のようになります。

FXのレバレッジについて

図のように、通常1ドル100円の時に1万ドル(1万通貨)を購入するには、100円×1万=100万円必要となります。

ですが、レバレッジ25倍をかけると、100万円の25分の1である、たった4万円の資金で取引き可能な計算となります。

レバレッジをかけすぎると損切りが発生しやすいというデメリットもあるのですが、そこは、きちんとリスクコントロールすることで解決できる問題だと言えるでしょう。

株の場合、最低でも数十万円の資金が必要となりますから、数万円から投資可能なFXは、主婦が小資金ではじめるのにピッタリな投資法だと思います。

※レバレッジについては下記の記事で詳しく書いています。
主婦のお小遣いからコツコツはじめられるレバレッジの魔法

※ただし、株式投資にも信用取引というものがあり、この取引きにおいては、おおよそ3倍のレバレッジをかけることが可能です。

取引きのしやすさ

FXと株のどちらが取引きをしやすいのか?という面でも私は断然FX押しです。

まず、株では銘柄、FXでは通貨ペアについて、ある程度の知識が必要となり、その数が多ければ多いほど情報を追うのが大変になります。

選択する余地があるほうが良いと言う方もいますが、勉強が苦手である私にとって、覚えることは少ないにこしたことはありません。

株の銘柄とFXの通貨ペアの比較

このように、株には数千もの銘柄がありますが、FXの通貨ペアは50前後です。

しかも、通貨ペアの中でも取引きが活発に行われているメジャーなものだけに絞れば、その数は10にも満たない数になります。

なるべく難しいことは省きたい、という私のような人間には非常にありがたいことです。逆に、自由選択がしたい人や勉強が好きという方には、FXより株が向いていると思います。

それから、この話は深く考えると難しくなるのですが、FXは『買い』だけでなく、『売り』から入ることもできます。

ドル/円の取引きを例とするならば、円を売ってドルを買うのが『買い』、ドルを売って円を買うのが『売り』です。

FXにおいては、最初からこの『売り』を選択することができます。

売りから入ると言っても、何だそれ?って感じですよね。私もそうでした。円を預けているのに、ドルを売って円を買うとか、どうしても違和感あると思います。

深く考えると頭がこんがらがるので、とりあえずここでは、
『買いから入ると、為替レートが上がった時に利益が出る』
『売りから入ると、為替レートが下がった時に利益が出る』

という風に、ざっくり考えてもらえればわかりやすいかと思います。

つまり、為替レートが今よりも上がると思ったら、『買い』を選んで、為替レートがこれから下がると思ったら、『売り』を選択するというわけです。

株式投資においては、一部の信用取引をのぞき、『売り』から入ることはできません。
どんな通貨ペアにおいても『売り』と『買い』が選択できるため、FXのほうが株よりも利益を上げるエントリーチャンスが多くなると言えるでしょう。

取引きできる時間

個人投資家にとって重要な要素に、取引きができる時間はいつかという点があります。

特に、私たち主婦や兼業トレーダーにとって、隙間時間を有効に使えるかというのは、その投資法を続けられるかどうかにもつながる大事な問題です。

株式投資とFXの取引時間

株式投資の取引き可能な時間帯は、平日9時~15時(休憩ありの二部制)、それに対して、FXは、平日24時間(厳密には月曜日の朝~土曜日の明け方まで)となります。

※詳しくは下記記事を参照。
FXの取引時間は24時間可能!主婦の隙間時間活用に最適!

FX市場が平日24時間あいているというのをメリットと捉えるか、デメリットと捉えるかは、人それぞれだと思います。

ですが、連続した取引き時間を確保できない主婦の私にとって、取引き時間の指定がないというのは非常にありがたいことでした。

株のように15時きっちりに終わり、そこで気持ちが切り替えられるのも、もちろん良いと思います。相場の動きが気になりやすい性格の人なら、なおさらそうでしょう。

私もFXをはじめた当初は、時間配分がうまくいかず一日中やっていたこともありました。しかし今では、市場の動く時間帯を狙って一日合計2~3時間もやっていません。

自分の生活スタイルに合った時間に取引きができるのもFXの魅力の一つだと思います。

FXのリスクについて

株とFX、どちらも投資するからには、一定のリスクがあります。

これらのリスクは、資産管理や投資手法によって変わってくるため、どちらがリスクの少ない投資法かと聞かれると、なかなか判断が難しいところです。

株には、株価の急激な変動により市場が混乱してしまうのを避けるため、その日の値動きの幅を制限する『ストップ高』『ストップ安』の存在があり、売りたい時に売れないリスクがあるのですが、FXにはそのようなシステムがありません。

一見、強制的に売り買いがストップしてしまう株のほうがリスキーに思えてしまいますが、裏を返せば、FXはどんなに暴落・暴騰してもストップしないってことなんですよね。

また、FXのレバレッジを株よりリスクの大きい投資だと言う人がいますが、実際のところ、きちんとコントロールできればそんなに恐くありません。

個人的には、レバレッジのきかない現物主義の株のほうが、大きく相場が変動した際、取り返しのつかない損失がでやすいと思います。

株とFXのリスクの捉え方は人それぞれですが、私は小額資金からはじめられるFXのほうがリスクの少ない投資法だと感じますね。

※FXのリスクについてさらに詳しく知りたい方は下記記事を参照。
FXのリスクとは?怖いイメージをもってる方は必見!

 - FXとは