FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FXのやり方

FXの『マージンコール』と『ロスカット』って何?


FX界のイエローカード!マージンコールとロスカットって何?

小額資金からFXで大きな利益を生むためには、少ない証拠金(預託保証金)にレバレッジをかけて高額取引きをする必要があります。

レバレッジによる高額取引きは、小額資金からでもスタート可能で見返りが大きく、魅力的な取引き方法です。しかし、得られる利益と同様に損失が膨れ上がるリスクもあります。

もし、最低証拠金を損失で割ってしまったり、証拠金よりも損失が大きくなってしまった場合には、どうなるのでしょうか?

FXには、投資家の損失を最小限に抑えるため、『マージンコール』と『ロスカット』のふたつのルールが用意されています。ここでは、このマージンコール、ロスカットについて話をしていきたいと思います。

証拠金維持率ってなに?

マージンコールとロスカットの話をする前に、まず証拠金と証拠金維持率について説明します。

証拠金とは

FXは、決められた一定の金額以上を担保として、FX業者に預けて行う取引きです。
この担保が証拠金、このような取引きのしかたを証拠金取引きと呼びます。
日本のFX会社の多くが、円のみ証拠金として預け入れ可能です。

現在、日本のFX業者においての最低必要証拠金は4%(レバレッジ25倍)となります。
1ドル100円で一万通貨取引きをする場合の必要証拠金は、
100×10,000×0.04=40,000円です。

つまり、4万円の証拠金があれば、一万通貨(100万円)の取引きができることになります。
最近では、1,000通貨単位から取引きできる業者も増えてきており、4,000円の証拠金で1,000通貨(10万円)のトレードをすることが可能です。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、実際に取引きをしている額に対し、証拠金の残高の割合を計算したものを言います。

たとえば、証拠金5万円に20倍のレバレッジをかけて、1ドル100円のドルを1万ドル買ったとします。
これが1ドル98円に下落した場合、
(100×10,000)-(98×10,000)=20,000円の含み損です。
今、このポジションを決済したと仮定した時の証拠金残高は、
50,000-20,000=30,000円になります。
証拠金維持率は、預けている証拠金と現在の証拠金残高の割合ですから、
30,000÷50,000×100=60%です。

この証拠金維持率が低ければ低いほど、危険度が高くなっていることを意味します。
マージンコールとロスカットは、この証拠金維持率を元に発動するシステムなのです。

マージンコールとは?FX界のイエローカード!

マージンコールとは、前述した証拠金維持率が一定の水準以下になった時に、取引き画面やメールで警告を発するシステムです。
『○月○日○時までに追加証拠金を入れてください』という内容のメールが届くことから、マージンコール(追加証拠金告知)と呼ばれています。

マージンコールが来た場合の対処方法はふたつです。
・追加証拠金を口座に入金する
・マージンコールにかからなくなるまでポジションを決済する

追加証拠金を口座に入れる場合には、たいていメッセージに○%不足しているから、○円入金するように指示されています。素直にこちらの指示に従うと良いでしょう。
ポジションの決済をするならば、自分で計算をする必要があります。

どちらを選ぶのも自分次第です。個人的に、マージンコールがきた時は、ポジションやレバレッジを変える良い機会だと考えています。

マージンコールが発動する証拠金維持率の割合は、FX業者によって設定が異なっており、50~80%あたりに設定されている場合が多いようです。
また、FX業者によっては、細かく自分で設定できるケースもあります。

ただし、マージンコールのシステム自体がない業者もあるので、マージンコールを利用したい場合は、事前に設定があるのか調べておきましょう。

マージンコールを無視するとロスカットになる!

マージンコールが発動されたまま放置すると、ポジションはどうなるのでしょうか?

マージンコールが発動した状態で何も行わないでいると、ロスカットに移行します。
ロスカットとは、FX業者が強制的に決済を行い、ポジションを閉じることです。

このロスカットにも、証拠金維持率によるロスカットレベルが設定されています。
ロスカットレベルは、だいたい20~50%です。FX業者によっては、自分で数値を設定できるケースもあります。

ロスカットになると、強制的に決済され、ポジションはなくなりますが、それ以上に損失が膨らまずに済むというメリットがあります。

ロスカットせずに、そのまま下落を続けてしまえば、証拠金以上の損益が出るかもしれません。証拠金以上のマイナスを出さないために、ロスカットは必要なシステムだと言えるでしょう。

 - FXのやり方