FXの始め方を初心者にわかりやすく解説するFX入門サイト

*

FXのやり方

FXの取引時間は24時間可能!主婦の隙間時間活用に最適!


FXは、他の投資方法と違い24時間取引きが可能です。

隙間時間をちょこちょこと使うことになる私たち主婦トレーダーにとって、どの時間帯でもFXができるというのは、本当にありがたいですよね。

ただし、どこのFXサイトでも厳密には紹介されていませんが、実際のところ、すべての市場が24時間開放されているわけではありません。

そして、24時間取引きできると言っても、やっぱり狙い目の時間帯は存在します。

ここでは、FXが24時間取引き可能な理由と、どの時間を狙うべきかについて、簡単にお話していきたいと思います。



FX市場は常に移動している

FXの市場は、各国ごとにだいたい一日8時間程度開いています。そのため、ひとつの市場だけを見ると常に取引きができるというわけではありません。

では、どうして、FXは24時間取引き可能だと言われているのか?

それは、24時間絶えずどこかしらの市場が開かれており、市場を移動しながら、常に各々の市場で為替トレードが行われているからです。

まず、月曜日の早朝に、ニュージーランドのウェリントン市場が取引きを開始し、朝から昼にかけて、オーストラリアのシドニー市場、日本の東京市場、中国の香港市場、シンガポール市場が順次開放されていきます。

そして、昼から夜にかけて、朝の市場が閉まっていくとともに、バーレーン市場、ドイツのフランクフルト市場、スイスのチューリッヒ市場、イギリスのロンドン市場、アメリカのニューヨーク市場が次々と開き始め、ニューヨーク市場の終わる早朝には、また、ニュージーランドのウェリトン市場が取引きをはじめます。

このように、市場は常にどこかしら開いており、24時間途切れることがありません。

各国の市場の開く時間帯は、夏時間と冬時間で詳細が異なっていますが、土曜の早朝(アメリカ・ニューヨーク市場の終わり)から、月曜日の早朝(ニュージーランド・ウェリトン市場の始まり)まで市場が休みになる以外、常にどこかの市場が24時間開いているという状況は一年中そのままです。

取引きが一番活発になる時間帯とは?

FXにおいて、どの時間帯でも取引きできることはわかりましたが、24時間ずっと市場が開いているとなると、どの時間帯に注目すればいいのかわからず、かえって混乱してしまう方もいるでしょう。

最もわかりやすく市場が動く時間帯は、世界の主要市場がオープンしている時間です。

具体的には、下記の市場が開いている時間帯になります。

  • 日本の東京市場(9時から~17時)
  • イギリスのロンドン市場(17時~早朝3時)
  • アメリカのニューヨーク市場(22時~午前5時)

私も最初は何もわからず、ひたすら相場画面と一日中にらめっこしていた時もあります。

主婦の場合、狙った時間に必ずできるというわけではありませんが、相場の動きやすい時間帯というものがわかれば、多少の時間調整はできるかと思います。

FXのゴールデンタイムと呼ばれる時間

さきほどの世界の主要市場がオープンしている時間帯の中でも、各国の重要指標が発表されやすい時間を、FXのゴールデンタイムと呼びます。

  • 東京市場とロンドン市場が交差する17時~18時の1時間
  • ロンドン市場とニューヨーク市場が重なっている22時~0時の2時間

この『FXのゴールデンタイムの時間帯』は世界中の為替トレーダーがこぞって動くので、相場が非常に活発になります。

また、日本の円を使ったトレードの場合、朝の9時から11時まで動きがでやすい時間です。

これは、9時開場の日本株式市場に合わせて、重要指標が8時50分に発表されることと、日本の円に影響を与えやすい中国株の開場時間である10時~11時に、中国株と連動して円相場が動きやすくなることが密接に関係しています。

ちなみに、私が良く取引きをしている時間帯は、円がらみだと9時~11時前後、その他の通貨は22~0時の間が圧倒的に多いですね。

もちろん、昼間に為替レートを眺めていることもありますが、実際にエントリーする時間帯は、大きな動きのある上記時間が多くなります。

このあたりは、その人の取引きの仕方や性格、生活時間帯にもよりますので、自分にとってベストな時間帯と通貨ペアを探していくと良いでしょう。

自分の取引き時間帯を決めよう

24時間取引き可能というのは、FXの大きなメリットであり、デメリットでもあります。なぜなら、終わりの時間の設定がないため、いつまでもずるずると続けてしまうからです。

特に、FXをはじめたばかりの初心者トレーダーが相場の動きが気になって、ずっとパソコンの前から離れられないという話を良く聞きます。

そういう私も、Xをはじめたばかりのことは、為替レートが頭から離れず、一日に何回、何十回とパソコンを開き、相場画面とにらめっこしていました。

そんな私も今や1日合計2~3時間程度しか、FXトレードに時間を使いません。早い時には数十分で決済し、取引きを終了することもあります。

そもそも、人間の集中力ってそんなにもたないですよね。個人差はあるかと思いますが、ベテラントレーダーの方の平均取引き時間って、
私のまわりだと平均3~4時間程度ではないかなと思います。

最初は、何がなんだかわからないかと思いますが、やっているうちに自分が取引きしやすいと思う時間帯がどこかにあるはずです。

それがわかったら、その時間帯に集中して取り組んだほうが、だらだらと長く取引きするよりも効率良く、プラスの結果がでやすくなります。

FXの動きが活発になる時間帯を参考にしつつ、自分にとって一番やりやすい取引き時間を徐々に探っていくと良いでしょう。

 - FXのやり方